スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * - * pookmark

タイルのあるくらし(タイル活用例)【生徒様編】

今回のタイル活用例は生徒様編です。

タイルをセンスのいーいアイディアで素敵に活用されているM様です。

まずは素敵なお庭の水周りから。
ご自身で制作されたタイルを白壁に。
タイルがポイントになってとってもいーい雰囲気ですね。
煉瓦上の多肉植物たちのブリキポットもお手製だそうです。





続いてもなるほどー!なアイディア作品。
「かわいいフレームを見つけたので、大好きな多肉ちゃん達を寄せ植えしてみました。背景がちょっと寂しかったので、タイルを貼ってみました♪」
こんな寄せ植え、素敵!
私もぜひ真似したいアイディアです(^^)






la-manita * タイル活用例 * 16:35 * - * - * pookmark

タイルのあるくらし(タイル活用例)【ガーデニング編】

JUGEMテーマ:タイル教室

タイルのあるくらし(タイル活用例)、今回はガーデニング編をお送りします。

初夏に向けて我が家のハーブ類を置く鉢置きを作りました。
近くの雑貨屋さんで見つけた木製の簡単な植木鉢置き。
そのままでは寂しいのでタイルを置いてこんな感じでアクセントを。




タイルを置くことによって水やりによる木部の腐食を防ぎ、適度な重さも出るので安定します。
植物を置くのでデザインは逆に規則模様にしてみました。



   

今回はガーデニング用に作りましたが、シェルフとしてインテリアにも使えそう。♪

皆様もぜひタイルをお家に活用してみて下さいね。
きっとくらしのよいアクセントになってくれますよ。
 
la-manita * タイル活用例 * 15:53 * - * - * pookmark

タイルのあるくらし(タイル活用例)【教室編】

JUGEMテーマ:タイル教室

春ですね〜。。春
教室のある横浜も桜が満開です。
なんとなく人も皆ニコニコこのんびり、
植物も虫もようやく来た春を満喫しているように見えますね。

  

教室の庭にひっそり咲いていた花をこんな風に飾ってみました。
ガラスのフラワーベースに桜色のタイルを敷くだけで季節感がアップします。



同じデザインで桜色&その後訪れる新緑色の小皿も作ってみました。
デザインは和食にも洋食にも使えるように、カーネーションにも牡丹にも見えるような花にしました。

皆様それぞれのスプリングシーズンをお楽しみ下さいね花

 


 
la-manita * タイル活用例 * 15:40 * - * - * pookmark

タイルのあるくらし(タイル活用例)我が家編2

JUGEMテーマ:タイル教室

タイルのあるくらし(タイル活用例)第三弾は再び我が家編をお送りします。家

来月に控えた次女の幼稚園入園に向けて、空き時間は少しずつ準備を進めています。
制服や体操着、お道具箱の中クレヨン1本1本にまで名前付け作業大変ですよね〜。
作り物は長女のお下がりでだいたいなんとかなりそうかなぁ〜等・・・。

そしてふと冷蔵庫にびっちり貼ってある学校関係のお手紙の数々に目がとまり。。
これに幼稚園のお手紙が加わったら貼る場所がないなぁ。でも大事なお手紙だから目に付く場所に忘れないように貼っておきたいし。。

そこで、キッチン横に次女専用の幼稚園お手紙コーナーを作ることにしました。
100均で買ってきた30×45センチのコルクボード。
厚みがあって裏は両面テープでどこにでもぴったり貼れて便利ですが、
それだけではちょっとさびしいので周りをタイルで飾ることに。

5×5センチを32枚。作ったように見えますが、実は5×5センチタイル模様を施した15×5センチタイルを10枚。
5×5センチタイルは四隅の4枚だけで労力も3分の1。
このように大きいタイルに細かいタイル模様を施して労力を少なくするのは先人の知恵。
クエルダセカ技法の特徴でもあります。

キッチンが少し明るくなりました。キラキラ









お手紙だけでなく、思い出の写真を貼ってもいいですね。
これを見た長女が「ずるーい!」。もう一つ作りますか・・焦る


 
la-manita * タイル活用例 * 14:34 * - * - * pookmark

タイルのあるくらし(タイル活用例)【我が家編】

三寒四温、すこ〜しづつ春の足音が近づいてきましたね。

皆様いかがお過ごしですか?



今年は「タイルの活用例」を沢山ご紹介していきたいと思います。

まずは第一弾、我が家編!!

突然ですが、古いもの・アンティークなものが好きです。

最近はお値段も手ごろでおしゃれな家具が沢山あるので

「古くなったら買いかえればいい」と考える方も多いかと思いますが、

長年使い込んだ家具の持つ手触り、キズ一つにも思い出や愛着を感じますし、子供達にも物を大切にすることを教えていきたいです。



先日、祖母の家で見つけたサイドボード。

50年以上使われてきただけあってそれこそキズだらけ。天板に木彫りの装飾もところどころ欠けてしまっていますが、しっかりした作りでがたつきも全くありません。

このまま捨ててしまうのはもったいなぃ・・・。

でも我が家の家具は濃い木目が多いので、まずは塗装をしなおすことに。



まずはサンドペーパーを使って今の塗装をとっていきます。

ここでしっかり塗装をとっておくと塗りたい色がきれいに入ります。

ここで日が落ちてきたので今日の作業はここまで〜





↑朝日が見えるのが我が家の自慢です。

夜もやもやした気分で寝た日も翌朝のこの朝日を見るとスッキリ。

今日も朝からお日様たっぷり、作業日和〜





大きめの刷毛を使ってペンキを塗っていきます。

油性はべたつきがあって扱いにくいので、私はいつも水性ペンキを使います。

色は他の家具と合うオールナットを使いました。

細かいところは小さめの筆で、一度に沢山塗らず少しづつ塗っていくのがコツです。

これが3度目の塗装後です。

  

タイルの天板を接着。
今回は15センチ角タイル4枚で30×30センチの正方形にしました。ベニヤにタイルを貼り、周りにあらかじめペンキを塗った角材を木工用ボンドで貼ります。元の天板の上に新しい天板を貼って完成。
上にフラワーベース等を置くことを想定して、今回タイルは一色使いのものにしました。

ソファ横のスペースにぴったり♪













la-manita * タイル活用例 * 15:14 * - * - * pookmark
このページの先頭へ